news

  • 九櫻の生地ブランドの新たな立ち上げとWebサイト「kusakura sashiko」を公開しました。

九櫻刺子とは

私たち九櫻は柔道着メーカーです。ですが実は創業から織機による織物を100年以上紡いできました。今では柔道着の「KUSAKURA」と世界中で認知いただいておりますが、柔道着の生地織りの部分はあまり知られておりません。世界中探しても生地から柔道着を一貫生産できるメーカーは他にはありません。柔道着において「生地」の存在は大きく、100k以上の人と人が引っ張り投げ合っても安全に競技が行える生地が必要。それは「人が肌に触れる生地の中で最も強い生地」だと自負しています。柔道着に使用するのは刺子生地。強靭でありながらもしなやかで、あたたかみのある風合いをも表現できる。歴史と技術があるからこそ知る刺子生地の魅力を伝えたい。そしてはじまった「THE NEXT 200 TH」プロジェクト。これまで100年以上築きあげてきた日本伝統の刺子生地を「日本刺子の強さと美しさの世界」というコンセプトのもと、「九櫻刺子 / kusakura-sashiko」として生地はもちろん様々な形で文化と共に世界へ発信します。柔道着メーカーの九櫻は「武道を超えた世界の九櫻」を目指し次の100年も走り続けます。

九櫻刺子100年の柱

糸さばき、織の技術、染色の調合、九櫻ならではの縫製と刺繍の技術など、
九櫻刺子の技術は、職人の技と、細部にわたるこだわりが宿っています。
そのひとつひとつをていねいに粘り強く積み重ねていくことなくしては、100年の柱を建立することはできないのです。
着心地
多彩技術
風合い

強さを知るからこそ、
弱さも極める。

二重織りを使用した重厚な生地から、
一重織りのしなやかな生地まで。糸から選ぶ九櫻刺子だからこその幅広い刺子生地のバリエーション。
100年の歴史は刺子生地にあらゆる可能性を生み出しました。ここでは一部の代表的な生地を紹介します。
  • JOA

    純綿二重織

    綿100%の二重織り生地でありながら、純綿の素材を十二分に生かした肌に優しくかつ強靱の引っ張り強さを兼ね備えている。
  • JOF

    混紡二重織り

    綿70%ポリエステル30%の混紡二重織り生地を使用、しかし純綿に負けない九櫻刺子の特長を生かした肌触りの良さとJOAと同等の引っ張り強さを兼ね備えている。
  • JY

    混紡一重織り

    綿70%ポリエステル30%の混紡一重織り生地刺し子目を生かし九櫻刺し子の特徴である肌触り良さを活かしながら引っ張り強度を兼ね備えている。
  • m46

    綿一重織

    純綿一重生地は通称面帽子とよばれ字のごとく面布団の所に使用し竹刀で叩かれる部分の衝撃を和らげる目的で使用されます。また剣道着にも使用され一重である故軽くて刺し子織りの特徴を持った生地です。

九櫻刺子100年の礼

100年間柔道技の老舗として、武道教育の発展を担ってきた九櫻の生地。
「安心・安全・高品質・強い」ジャパンクオリティの代表選手として、ゆるぎない地位を確立。
特にその肌ざわりと生地の強さは、武道具全般の基礎をも創り、武道発展のために世界にもその名を広げる。

before
100years

1918年から創業して織布を始める

1966年本社を変革以降
一層刺子織りについて独自の技術が開花

1918-2020

2005年工場を残し本社を現住所に移転

日本唯一の一貫製造

  • 織布

    身体に直接身につける、柔道衣。素材の組成から重量、強度などの基準を満たしながら、肌触りの良さを追求します。“内柔外剛”の生地づくりを実現しています。
  • 染色

    清潔感のある柔道衣の白色とブルーのカラーで世界を驚かせた、染色。生地の特性である、柔らかさを損ねないように、染め上げます。
  • 裁断

    幅広い体型に合わせ、細やかなサイズを展開。その上で体にフィット感が出るカッティングを心がけています。
  • 縫製

    1ミリ単位で縫い幅を変えて柔らかな襟を作るほか、重みがかからない肩線など、裁断だけではできない、細やかな縫製をしています。
  • 検品

    高品質の維持を目的に検査室を設置。規格に基づき、サイズなどの厳密な測定と製品の欠陥のないよう徹底した検査を行っています。
  • 刺繍

    検品後、お客様の注文に応じてネーム刺しゅうを施します。刺しゅう機は多数台配置し、お客様のご依頼に即応できる体制を整えています。

武道を愛する
全ての人たちとともに

柔道着の粋を尽くす為に

道着の生地は硬くて無骨な印象から九櫻独自の技術で織り上げた刺子の生地は強く、しなやかな生地。
その独自の技術で織り上げた刺子を独自の世界観としてブランディングし、
九櫻が100年かけて築き上げてきた日本の技術と文化を世界に発信します。
九櫻刺子は「人類が肌に触れる最も強い生地」と自負しています。
武道とともに歩んできたこの刺子生地という文化に触れていただくことが、
私たちKUSAKURAのTHE NEXT 200TH。
THE NEXT 200TH

武道から培う
九櫻刺子コラボは
おまかせください

事前にご連絡いただければ専門スタッフが開発のプロセスをご説明いたします。
商品開発から販売まで、100年の経験と武道衣に特化した専門知識と経験で応援します。
3日以上お返事がない場合は、大変お手数ですがお電話などにてご連絡いただけますようお願いします。
お名前
フリガナ
企業名
企業名フリガナ
ご住所
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容

個人情報保護方針を確認する